Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国洪水危機…ダム緊急放流で下流の村が水没…“遊水地”に20万人居住

配信

FNNプライムオンライン

ダム放流…下流の“遊水地”には約20万人が居住

中国の長江流域を中心に続く豪雨による洪水被害。影響はその他地域の河川にも広がっている。長江、黄河の間に位置する中国7大河の一つ・淮河(わいが)でも、水位が急速に上昇し、安徽省にある王家ダムでは7月17日夜に警戒水位を上回った後、さらに水位は上がり続け、地元当局は立て続けに警報を発表。20日未明には保証水位(ダムや堤防の設計上、安全が保てる上限の水位)も越え、上昇が止まらないことから、20日朝にはついに13年ぶりに水門を開け、下流の遊水地への放流を実施した。 【画像】家畜と一緒に避難する人々 数時間後には“我が家”が水没してしまう この遊水地は約180.4平方キロメートル、山手線の内側2.6個分ほどの広さがあるが、なんとこの遊水地の中には4つの村があり、約20万人が暮らしているのだ。このうち大多数は、遊水地内の高台に住んでいるが、水没の恐れがある地域の住民2000人余りに対し、地元当局は19日午後7時ごろ、「20日午前3時までに避難せよ」と命令を出した。住民に出された突然のお達しということもあって、ネットに上がった映像には、人々が慌てて身の回りの家財用品を車に詰め込んで移動する様子や、家畜とともに避難する人々の様子が映っている。

村は水没…増加水面積は”琵琶湖の4割”

20日午前8時半ごろ王家ダムの放流が始まると、水は激しい勢いで下流に流れ込み、中国メディアによると24時間後には遊水地内の大部分の農地や道路は水に沈み、水没した村の水深は3メートルほどまでに達していた。大多数の住民が住む高台も水に囲まれ、孤立状態となった。 衛星写真を見ると王家ダムのすぐ下流付近のエリアで水が増えたのが一目瞭然だ。中国中央テレビによると、7月15日の時点では水の面積が249.1平方キロメートルだったのが7月20日には510.6平方キロメートルまで増えた。 赤色の部分が水の面積が拡大したエリアで、およそ261.5平方キロメートル。琵琶湖の4割ほどの面積が5日間で一気に増えたことになる。   中国中央テレビは、高台に取り残され孤立状態にある住民に取材し、「事前に通知を受け物資を準備したので、食べ物や飲み物には困っていない」「放流は生活に一定の影響は与えるが、みんなの心理状態は良い方だ」などと、住民らが放流について理解を示しているような声を伝えている。 さらに中央テレビは、避難を余儀なくされた遊水地の住民について、「大局を念頭に置き、みんなのために家を捨てた」などと英雄視するようなトーンで報道している。また、孤立状態の高台住民についても「彼らは決して孤独ではありません。なぜなら彼らの背後には国家があるからです」などと、“愛国モード”で関連のニュースを伝えている。放流によって家や生活の糧を失った人たちの不満を抑えようという狙いがあるとみられる。

【関連記事】