Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現代版ヤン坊マー坊の「とびだし坊や」登場 背景に切実な地域課題 ヤンマー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

 ヤンマーホールディングスの企業博物館ヤンマーミュージアム(滋賀県長浜市)が、秋の全国交通安全運動(2020年9月21日~9月30日)の時期にあわせて、ヤンマーのマスコットキャラクター「ヤン坊マー坊」をモチーフにした交通安全標識「とびだしとび太」のヤンマーミュージアムバージョンを製作し、地元自治会に寄贈しました。 ★★実はキャラ自体も変わってます! ネオ「ヤン坊マー坊」★★ 「とびだしとび太」はいわゆる「とびだし坊や」のことで、滋賀県が発祥。1973(昭和48)年、旧八日市市(現・東近江市)から相談を受けた地元の看板製作業、久田工芸がデザインと製作を請け負い考案した交通安全標識です。今回は、2019年にリニューアルしたヤン坊マー坊の衣装と髪型をモチーフに、ヤンマーがデザイン画を作成し、久田工芸に制作を依頼したといいます。  設置されたのは、長浜駅からヤンマーミュージアムまでの約1km区間で、見通しが悪い交差点などを中心とした計14か所。長浜警察署交通課からのアドバイスをもとに場所を決定したといいます。  ミュージアム近隣地域の北国街道は、旧城下町の名残で道幅が狭く、見通しが悪い交差点が点在、とび出し事故の発生件数も多い地域だとか。このため、ヤンマーミュージアムは近隣地域の交通安全に貢献したいという想いでこの活動に賛同し、この度の寄贈に至ったそうです。なお今後、秋の全国交通安全運動期間の終了後も、近隣地域に引き続き設置し活用される予定とのことです。

乗りものニュース編集部

【関連記事】