Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京は32℃予想で夏に戻ったような暑さ 内陸部では今年最後の猛暑日か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

今日18日(金)は低気圧や前線が日本海側を中心に激しい雨を降らせています。そこに吹き込む南西の風の影響で、関東では気温が上がる見込みです。特に内陸では気温が高く、猛暑日に迫る所がある予想です。東京都心でも夏が戻ったような暑さになります。 関東では前線に向かって吹く南西の風が、山を越えてフェーン現象が発生するとみています。日差しの効果も加わって気温が上がり、関東全域が30℃以上。埼玉県熊谷市や東京都八王子市、水戸市などは34℃と、猛暑日目前の季節外れの暑さが予想されています。東京も32℃と平年に比べて6℃も高い予想です。 最近は暑さが少し和らいで、幾分か過ごしやすくなっていた分、急な気温上昇で熱中症の危険性が高まります。暑い時間帯の外出や外での作業は避け、適切にエアコンを使うなど、熱中症の対策を行ってください。

4連休以降は秋の気配増す

4連休初日の明日19日(土)になると秋雨前線が南下して、真夏の空気も南へ退くため、暑さは和らぎます。気温変化が大きくなりますので、体調の管理にご注意ください。 連休以降は気温が平年より高い日が多いものの、35℃を超える可能性は低く、今日、関東で猛暑日になれば、今年最後になる見込みです。

ウェザーニュース

【関連記事】