Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

好機演出の香川真司にチーム最高評価! スペイン紙が活躍に注目「彼のレベルはプレーオフにおいて“決定的”となる可能性も」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

【エルチェ 0-0 サラゴサ 昇格プレーオフ準決勝1stレグ】    昇格プレーオフ準決勝1stレグ、エルチェ対レアル・サラゴサの試合が現地時間13日に行われ、試合は0-0の引き分けに終わっている。この試合で印象的な活躍を見せたサラゴサの香川真司に対し、スペイン紙は高評価を下した。 【驚愕サッカー動画】ドルトムント時代の香川、今見てもやっぱり凄かった!!  香川は先発出場。6分、香川が右足を振り抜いてシュートを放つがゴール左に外れる。29分には、エルチェのジョナタスにレッドカードが提示されて退場しサラゴサが数的優位に。35分にはペナルティーエリア外から香川が強烈なシュートを放つがエルチェのGKエドガル・バディアに止められる。  さらに44分、香川が針の穴を通すような絶妙なパスをDF裏に通すが、ブルギのシュートはGKバディアに防がれてしまった。前半終了間際、香川にイエローカードが提示される。そのため、香川は後半にやや影を潜めることになり、試合は0-0の引き分けに終わっている。  スペイン紙『スポルト・アラゴン』は決定機を外したブルギにチーム最高評価となる「8.5」の評価を与えた。そして、好機を演出した香川には「8.0」の採点を付け、寸評では「非常に良いパフォーマンスを見せた熟練の日本人ミッドフィールダー。チャンスの演出に何度も参加し、最後の数メートルはスパイシーだった。彼のレベルは、このプレーオフにおいて決定的な存在となる可能性がある」とコメントしている。  一方で、スペイン紙『エル・デスマルケ』は香川にチーム最高評価の「8.0」を付けた。そして、寸評では「彼は最も努力した人だった。遠くからのシュートやアシストも演出していた」と評価している。2ndレグは現地時間16日にサラゴサのホームで行われる予定だ。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】