Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

黒毛和牛、旅して850キロ 京都~天草で牛肉PR

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
熊本日日新聞

 熊本県・天草で育った黒毛和牛が生まれ故郷の京都を訪れた後、850キロの道のりを歩いて帰る「旅スル和牛計画」が8日、ゴールを迎えた。5歳の雌「めろん」が天草市に到着し、黒光りの巨体を揺らして市街地を歩いた。人と触れ合いながら和牛の素晴らしさをアピールするプロジェクト。  めろんは、京都・綾部市の牧場生まれ。岡山県で繁殖牛となった後、天草市五和町の田中畜産で昨年12月から肥育されてきた。  プロジェクトは、新型コロナウイルスの影響が直撃した和牛消費を盛り上げる狙い。東京で牛肉メインのレストランを経営する森田隼人さん(42)らが企画し、7月20日に京都を出発。大阪、広島、大分などを経由して熊本入りした。  出迎えた田中畜産の田中亜美花さん(21)は「体が引き締まり、元気そう」と久しぶりの再会に笑顔。共に歩いた森田さんは、「旅の経験を通じて、おいしいお肉になってくれると思う」と話した。(赤池一光)

【関連記事】