Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アレフ」の施設に公安調査庁が立ち入り検査 名古屋・中区

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 18日朝、名古屋市中区にあるオウム真理教の後継団体主流派「アレフ」の施設に公安調査庁が立ち入り検査に入りました。  立ち入り検査は、団体規制法に基づき不定期で行われますが、この日は、「アレフ」側が約20分間応じず、検査官が「公安調査庁です。立ち入り検査を実施するのでドアを開けなさい。開けなさい」と拡声器で呼びかけるなど、一時緊迫した雰囲気になりました。  公安調査庁によりますと、「アレフ」の信者は全国で約1450人。現在も、麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚を信仰の対象としているとみて活動実態を調べています。

【関連記事】