Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラティフィ「タフなレースだったが、先週よりはるかにいい仕事ができた」:ウイリアムズ F1第2戦決勝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは16位、ニコラス・ラティフィは17位に終わった。 【写真】2020年F1シュタイアーマルクGP 16位感想のジョージ・ラッセル(ウイリアムズ) ■ウイリアムズ・レーシング ジョージ・ラッセル 決勝=16位  まずはチームに謝らないといけない。開始早々にレースを台無しにしてしまったからね。  僕はいいスタートを切って、ポジションを維持することができた。そして、その位置を守ろうとしてターン6でアウト寄りを通ったところ、いきなりコントロールを失ってしまった。そのラインは全然グリップしなかったんだ。チームのみんなに、本当に申し訳ないと思っている。今日はうまくやれば、すごい結果を残せたかもしれないのに……。でも、気を取り直して、また来週頑張るよ。 ニコラス・ラティフィ 決勝=17位  タフなレースだった。ただ、全体として、ドライビングに関しては、先週よりはるかにいい仕事ができたと思うし、ずっと落ち着いた気分でステアリングを握っていた。今日は何度かバトルの機会があって、相手は主にジョージ(・ラッセル)だったけど、そういう経験を重ねることができて良かったと思う。  実際のペースは、レースのスタートを迎えた時点で予想していたよりも遅く、他のクルマと争う機会が少なかったのが残念だ。まだいろいろと課題はあるが、大事なのは今回も多くを学んだことだと思う。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】