Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

12の国際映画祭がYouTubeで集結することに!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの国際イベントに影響が出ており、映画業界も停止を余儀なくされている。そんななか、カンヌ国際映画祭からべネチア国際映画祭まで、世界各地の映画祭が集結し、ひとつのイベントとしてオンラインで開催されることになった。 【写真】バルドーからケンダルまで! カンヌ国際映画祭を魅了した歴代おしゃれアイコン72 YouTubeが公開する『We Are One: A Global Film Festival』には、各国で開催される20の映画祭が参加。世界保健機関(WHO)の「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)連帯対応基金」を支援するための寄付を募る。 参加するのは、ベルリン国際映画祭、トロント国際映画祭、英国映画協会(BFI)ロンドン映画祭、トライベッカ映画祭、ムンバイ映画祭、サンダンス映画祭など。 このイベントは、ニューヨークで行われているトライベッカ映画祭を共同で立ち上げた俳優のロバート・デ・ニーロと映画プロデューサーのジェーン・ローゼンタールが、今年の同映画祭の開催中止を決定した後に発案したものだという。 BBCによると、ジェーンはこれについて、次のように述べている。 「私たちはよく、映画は独特の、力強い役割を果たしていると話しています。映画は国境や違いを越えて人々を鼓舞し、ひとつにし、そして世界に癒しを与える手助けをします」「世界中がいま、癒しを必要としています」

イベントは2020年5月29日から開催され、アクセスは無料。映画、短編映画、ドキュメンタリーのほか、音楽、対談なども公開される。スケジュールの詳細は、追って公表されるとのこと。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、すでに延期を決定しているカンヌ国際映画祭のピエール・ルスキュール会長とティエリー・フレモー総代表は、イベントへの参加について、「本当に素晴らしい映画と才能にスポットを当てるため、パートナーであるその他の映画祭と協力することを誇りに思っています」と語っている。 なお、トロント国際映画祭、ベネチア映画際祭、ロンドン映画祭は今秋、従来とは違った形で開催されるとみられている。

From Harper’s BAZAAR UK

【関連記事】