Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レディー・ガガ主導の「歴史的ライブ」に、セリーヌ・ディオンやビリー・アイリッシュら豪華ゲストが登場!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

新型コロナウイルスと戦う人々を支援するため、レディー・ガガの主導によるライブイベント「One World: Together at Home」が日本時間の4月19日に世界配信され、現在各地で大きな話題になっている。イベントはWHOと国際擁護団体Global Citizenがガガとの協力で開催された。 【写真】外出自粛中でもライブ気分! リゾなど人気海外ミュージシャンのライブストリーム10選 なかでも、ガガと重鎮セリーヌ・ディオン、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリ、ジョン・レジェンド、ピアニストのラン・ランがタッグを組んで披露した『祈り』(原題:The Prayer)は、多くの人に感動をもたらした。この曲はもともと、セリーヌとアンドレアが1999年に出したデュエットのバラードで、今回改めて2人が遠隔でデュエットを果たす形に。 ソーシャル・ディスタンシングのガイドラインに従い、5名のアーティストは各自のパートを自宅で披露。セリーヌ以外はみな黒い服をまとい、セリーヌはライトブルーのスーツを着て、暗闇から抜け出そうという歌詞のこの曲を熱唱&演奏した。

全部で約8時間にも及んだこのコンサートには、サプライズを含め他にも数多くのセレブが出演。ビヨンセ、元ファーストレディのミシェル・オバマやローラ・ブッシュ、テイラー・スウィフト、ビリー・アイリッシュ、ジェニファー・ロペス、オプラ・ウィンフリー、リゾ、プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、サラ・ジェシカ・パーカー、ケリー・ワシントン、エルトン・ジョンといった豪華な面々が、歌とメッセージを発信した。 そして、ガガはインスタグラムもアップデート。放送中のTV画面を見ながら出演者たちに愛のメッセージを送ったり、恋人マイケル・ポランスキーや友人でシェフのボー・オコナーらとともに写った写真を投稿したりしている。 4月頭に「One World: Together at Home」の開催が初めてアナウンスされた際、主催者であるグローバル・シチズン(Global Citizen、世界規模の課題解決を目指す非営利団体)はすでに3500万ドル(約37億円)以上を寄付している。 この歴史的コンサートの全貌はアマゾンやYouTubeでも観られるので、見逃した人は必ずチェックしておきたい。

From Harper’s BAZAAR.com

【関連記事】