Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鹿島】永木亮太は苦境に怖がらず立ち向かう。「結果が先。内容はその次」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

狙いはシンプルだ。ゴール。そして勝利。不振にあえぐ鹿島アントラーズにあって、豊富な経験を持つ永木亮太のような存在は心強い。苦しいときこそ装飾を削ぎ落とす。真っ直ぐに「結果」に向かっていく浦和戦はもうすぐだ。 鹿島と浦和の激突はいつもホット! 2019年も白熱した(写真◎Getty Images)

どんな形でもいい

「公式戦で5連敗、Jリーグで3連敗。得点は1。この結果に危機感を持っているし、まったく満足していません」  永木亮太のオンライン取材はこの一言から始まった。周知の事実だし、自分たちからは積極的に口には出したくない、いわば禁忌のようなものなのかもしれないが、「闘うボランチ」はそれぐらいで揺らぐほど弱くはない。 「次の試合で勝つしかないので、個人的には内容というか結果ですべて変わってくると思います。まずは結果を出せばみんなの士気も上がると思うし、やりたいことや内容はその次だと思うので、まずはどんな形でもいいので勝ち点3を取りにいきたいと思います」 「(結果を出すきっかけは)やっぱり簡単に言ったらゴールだと思います。チャンスは作れているし、ポストに嫌われたりシュートが真ん中に行ってキーパーに弾かれたりというシーンは何回もあります。そこで一つ点が入ればプレッシャーも抜けてくると思うし、のびのびすると思っていて、そうなったら流れが来ると個人的に思っています」

 どんな形でも勝つ。そのためには赤い壁を破らなければならない。制限付きながら、再開後、初めて観客の入場が許される埼玉スタジアムで、浦和レッズが立ちはだかる。 「相手がどうこうという問題より、どこの相手でも勝たないとこの状況を打破できません。アウェーの浦和戦ですが、あまり関係ないというか、ここまで来たら勝たないといけませんから、自分たち次第だと思います」  とはいえ、準備は怠らない。ザーゴ監督は浦和のカウンターに警戒が必要だと口にする。ボランチとしては何が必要だろうか。 「相手の特徴はカウンターで、つなぐというよりは詰まったらすぐ蹴ってきて、前線にターゲットになるFWがいますから、ボランチのポジショニングが大事だと思います。センターバックの前でダブルボランチがしっかりポジションを取らないといけないですね。試合に出たら、あまり上下しないで左右にも動かずに、ということを意識したいと思っています」  攻撃面でもつかみかけているものはある。 「ビルドアップも今年からずっとやっているし、自分の中でも手応え感じ始めているところはあります。ザーゴさんからは後ろからのビルドアップを求められているので、試合で怖がらずチャレンジしていきたいと思います」  怖がらず、というのは何もビルドアップのことだけではないだろう。勇敢に、シンプルに勝利に向かうことでやるべきことが研ぎ澄まされていくはずだ。

サッカーマガジン編集部

【関連記事】