Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「昔の良い大信さんではなくなった」顧客の言葉で危機感 大阪信用金庫が『量から質』へ大転換

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

去年までのインバウンド需要が、幻想だったかのように景気に大きな影響を与えている新型コロナウイルスの感染拡大。見えない敵の新型コロナウイルスに苦しめられる中小企業は少なくない。地域経済と密接な関係にある信用金庫は、中小企業を支える大きな役割を担う。そんな中、大阪府で最大の信用金庫・大阪信用金庫の高井理事長は「量」から「質」への転換を訴え、陣頭に立つ。なぜ今、「量」から「質」への転換なのか、高井理事長に話を聞いた。

今こそ「信金の真骨頂」を発揮する

―――店舗での新型コロナウイルスの感染対策はどうされていますか。 お客さまがお待ちになる椅子は、もっと密着していました。今は2mほど離していますし、窓口はパーティションでお客さまと職員を区切らせていただいています。さらに、カウンターの前に机を置きました。お客さまが荷物を置くだけではなく、職員とお客さまの適切な距離を保つためです。 ―――新型コロナウイルスの顧客への影響は。 資金繰りの相談は今年2月下旬から多いですね。資金繰りもそうですが、借りた後には返済をしなくてはなりません。資金を融通するだけではなく、顧客の販路開拓にも全力投球して、真剣に取り組んでいます。どんな時も全国の信金は一丸となって、中小企業や地域ために頑張っています。特に今は、信金の真骨頂が全国各地で発揮されていると思います。

偶然が重なり、たまたま大阪信金に就職

―――大阪信金は希望する就職先ではなかったそうですね。 全く希望していませんでした。大学生の時は量販店でバイトをしていまして、「売れ筋以外の商品を売れ」とよく言われました。そこで、売り方のコツを教えてもらったら結構、うまく売れました。すると店長が私のことを気に入ってくれまして、「きみ、うちにこないか?」と。 ―――このまま、量販店に就職しなさいと? 「社長に話しておいたので、何月何日にここで待ち合わせをしよう」と言われまして、私は待ち合わせの場所に時間通りに行ったのですが、店長が来なくて…。あとで聞いた話では急な仕事が入ったそうです。でも当時は携帯電話はありませんから、連絡がとれないままでした。あきらめて帰っている途中、就職面接に向かう同級生と偶然、出会いました。 ―――同級生と電車で偶然に? たまたま偶然の出会いでした。その彼の面接先が大阪信金で、一緒について行くことになったのです。 ―――あくまでも付き添いで? そうです。金融機関は全く興味がなかった。就職先に全く考えていませんでした。私は、1階で同級生の面接が終わるのを待っていたら、前をすっと男性が通って、「きみ、そこで何をしている?面接は3階だよ。」と話しかけられました。「私は、面接に来たのではありません。金融機関は興味ありません。向いていません。」と。するとその男性が金融機関の良さを一生懸命話してくれて、トントン拍子で採用されました。