Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファミコン芸人フジタが選ぶ「めちゃくちゃ強かった敵~RPG編~」7選

配信

オリコン

 家庭用ゲーム機黎明期に誕生し、今も楽しめる名作から、“クソゲー”と呼ばれる不人気作まで、さまざまなソフトを生み出した『ファミリーコンピュータ』。そのソフトは1000タイトル以上と言われ、誰もが知っている名作から、まったく日の目を見なかったものまで、実にさまざま。そこで、ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げたファミコン芸人・フジタ協力のもと、この“ファミカセ”を、さまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第5回のテーマは「めちゃくちゃ強かった敵~RPG編~」。※以降の内容は、ゲーム攻略法などネタバレ要素を含みます。閲覧にご注意ください。 【写真】石井光三と勝負?30年前の“若い”磯野貴理子が描かれた『ラサール石井のチャイルズクエスト』

“ファミコンだから”で許される、ゲームバランスが崩れたRPGも

 RPG(ロールプレイングゲーム)において、敵は物語を進行を妨げる邪魔な存在。なかにはボス以外にも、厄介な存在として多くの人の記憶に残る敵も数多くいる。 「今のRPGの敵はものすごくちゃんとしていますよね。主人公のレベルに応じたある種“ちょうどいい”敵がちゃんと出てくる。ホント、よくできてると思います。今と比較するわけではないですが、ファミコンはそうでないものもたくさんある。理不尽だったり、ちゃんとロケーションテストやったのかなと思うほど、ゲームバランスが崩れていたり。でもそういう”ファミコンだから”というものが、面白かったりするんです。今と開発費も、かける人員も全然違いますからね。今回は、さまざまなバリエーションの“強かった敵”をご紹介します」  5体のはずが、絞り切れず7体になったフジタが選ぶ、珠玉の“強かった敵”コレクションは以下の通り。 ■ドラゴンクエスト(1986年/エニックス)「りゅうおう」  すべてのRPGの源流ともいえる『ドラクエ』のラスボスです。画面からはみ出るくらい迫力に圧倒された記憶があります。レベルを高めていけば、問題なく倒せると思うんですけど、当時は「とにかく早く倒したい」という気持ちが勝っていて、何回もやられましたね。  強さはもちろんなんですけど、なにより『ドラクエI』にはHPを全快にする「ベホマ」がないんです。最高でも「ベホイミ」。りゅうおうの攻撃力が高いので、大ダメージを喰らっても回復が間に合わないし、MP回復アイテムがないから、あっという間にMPがなくなってしまう。絶えず、殺されそうという緊張感がありました。  余談ですが、変身前のりゅうおうが勇者に「世界の半分をやろうか」と聞いてくるんです。それを真に受けて「はい」を選ぶと、レベル1からスタートになってしまう。「勇者は悪に心を売ってはいけない」ということを学びました。 ■ドラゴンクエストII 悪霊の神々(1987年/エニックス)「デビルロード」  『ドラクエ』からボスではないんですが、もう1体選びました。実は、ファミコン版『ドラクエII』はシリーズの中で一番きついと言われています。というのも、強さのバランスが崩れている部分があって、「ロンダルキア」に通じる洞窟や、その周辺地域の敵の強さが異常です。  そのロンダルキア周辺にでるのが、デビルロード。何がやばいって、自分の命と引き換えに相手を即死させる呪文「メガンテ」を使うんです。『ドラクエII』でメガンテは、相手を100%死へ導く呪文。メガンテを唱えられると、設定のミスなのか、先に画面が赤くなる→メガンテを唱える→死ぬとなるんです。画面が赤くなった瞬間、すべてを悟るわけです。いくらレベル高くても一発で死。世の子どもたちは、この呪文で社会の理不尽さを知ったはずです。デビルロードが出てきたら、メガンテを使われないことを祈るだけ。運ですよね。  ちなみにロンダルキア周辺には、一発KO系(死なないケースもある)の「ザラキ」を使う敵も出てくるので、とにかく恐怖でしたね。

【関連記事】