Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

都庁ピアノで超絶演奏、挫折から人気YouTuberに TEPPENにも出演、人生変わったハラミちゃん

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

1年3カ月前、動画投稿サイト「YouTube」にアップした東京都庁でのピアノ演奏が、人生を変えた女性がいます。ポップスピアニスト「ハラミちゃん」。その時に演奏した「前前前世」の再生回数は200万回、当時千人だった彼女のチャンネルの登録者は現在60万人を突破、メジャーレーベルからソロピアノアルバムも発売しました。26日にはフジテレビ系の『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』にも出演します。動画サイトの人気ジャンルであるストリートピアノ、その中で一躍人気を集める彼女の演奏、そして転機となった動画をアップしたきっかけなどについて伺いました。 【動画】「すごい迫力」「鳥肌立った」 都庁ピアノで「前前前世」を演奏するハラミちゃんの動画はこちら

即興の演奏に称賛のコメント

サザンオールスターズ、B'z、中島みゆきといった人気アーティストの聞き覚えのあるポップスや、ディズニーや鬼滅の刃など人気のアニメソングを楽譜なしに、ときには鍵盤も見ずに弾きこなす。ハラミちゃんが知らない曲も、一度スマホなどから聴くだけで聴衆のリクエストに応じて即興で演奏する。 YouTubeの彼女のチャンネルにアップされたそんな動画に、世界中から驚きや称賛のコメントが寄せられています。

4歳からピアノ 1回聴くだけで耳コピで演奏

ハラミちゃんがピアノを習い始めたのは4歳。レッスンは週1回8時間。音大のピアノ科に入るまでずっと習っていて、小学生時代からクラシックのコンクールにも出場していました。 絶対音感を持ち、「楽器の音、歌声、さらに、話し声も音階とリズムが分かります。楽譜が浮かぶわけではなく、無意識に歌えるのと同じような感覚で、メロディーを聴くと指が勝手に動く感じです」とハラミちゃんは話します。 手元を見ずに演奏するのは、オンラインで演奏を生配信する際、タブレット端末に表示される視聴者のコメントやリクエストを見ながら演奏するうち、自然にできるようになったそうです。

人気者が原体験、音大で壁に

人前でポップスを弾く原体験は小学生の時。音楽の授業の前にたまたまスタジオジブリのアニメ作品の曲を弾いたら、同級生が集まってきて、すごいとほめてくれたそうです。 「これで友達が増えたらいいな」。そんな思いからハラミちゃんはその後も、音楽の授業の前後にピアノでポップスを演奏するように。同級生に囲まれ、当時流行したポップスを次々と頼まれる。「リクエストに応えたい一心でした。楽譜は値段が高くて、そろえられないので、聴いた曲を記憶して家で練習するうちに、次第に耳コピで弾けるようになりました」。レッスンの先生にクラシックの基礎が崩れる、と怒られないよう、家でこっそり練習したそうです。 ピアニストを目指して音大に入ったものの壁にぶつかります。「上には上がいることを思い知らされました」。ピアノで生きる道を断念し、卒業後、一般企業に就職しました。 ですが、「仕事量の多さ、加減を知らずとことんまで取り組む自身の性格もあって、心身ともに疲れてしまった」。やがて、他人に会うことも、話すこともできず、半年ほど自宅から出られなくなったそうです。会社も辞めました。

【関連記事】