Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「タクシー会社っぽくない」と話題 バズを狙う三和交通の覚悟

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Forbes JAPAN

軽快な音楽に合わせ、全力でダンスを踊るおじさんたち──首都圏でタクシー・ハイヤー営業をする三和交通の公式TikTok動画が話題を呼んでいる。出演するおちゃめな中年男性は、同社の取締役と渉外主任だ。 三和交通がネット上で話題となるのはこれが初めてではない。ドライバーが黒スーツとサングラス姿で送迎する「SP風TAXI」や、霊が出ると噂される現場をドライバーの解説付きで巡る「心霊スポット巡礼ツアー」など、タクシー会社らしからぬ「ぶっ飛んだ」企画がたびたび注目され、ファンの心を鷲掴みにしている。 なぜこのような取り組みを行うのか。三和交通広報部の小関正和さんと和田茉璃奈さん、乗務員の苅部俊哉さんに話を伺った。 10年後には運転手がいなくなる? ──タクシー会社とは思えないユニークな公式SNSでの発信が話題になっています。どんな目的で始められたのでしょうか? 和田茉璃奈(以下、和田):実は若い世代への「採用活動」をいちばんの目的に始めました。 タクシー業界は、従業員の年齢層が高く、現在は50~60代が中心。このままだと10年後には主力なドライバーたちがほとんど引退してしまって、人材不足に陥る危険性が、業界全体で強く問題視されています。 「タクシー会社は定年後に入るもの」というイメージや、硬い・怖いなどのネガティブな印象を一新して、若い世代に「働いてみたい楽しい職場」だと思ってもらいたい。ぶっ飛んだ企画やSNSを通して、三和交通に興味を持ってもらい、検索してほしい。その入り口になればと、2013年からSNSでの発信を始めました。 現在は、TikTokやTwitterなど多くのSNSを運用しているのですが、YouTubeでは、私たち広報部社員が「まーちゃん」「KOOちゃん」の愛称で出演。会社の取り組みを紹介するだけでなく、「〇〇をやってみた」など、一見会社と関係ない企画にも挑戦しています。 ちなみに、私が激辛のインスタント焼きそばをただ食べるだけの動画は、再生回数1.3万回にも伸びました(笑)。 三和交通のタクシー会社としての強みは、採用ホームページや説明会でアピールすればいい。とにかく、どんな手を使ってでも、三和交通で働くスタッフの素顔を皆さんに知ってもらいたい。その一心で、毎日タクシー会社の広報とは思えない仕事を頑張っています。 ──三和交通さんが打ち出していらっしゃるタクシーのツアー企画も本当に個性的です。「タクシー会社らしくない」強烈さですね。 小関正和(以下、小関): SNSだけでなく、タクシーを利用したユニークなツアー企画も行っているのですが、これらもすべて、最終的には採用につながることを意識しています。 現在は、期間限定の企画も含めて、常時計10種類ほどのツアーを実施しています。霊が出ると噂される現場をドライバーの解説付きで巡る「心霊スポット巡礼ツアー」や、ドライバーが黒スーツとサングラス姿で送迎する「SP風TAXI」、忍者の格好をしたドライバーがござる口調で話す「忍者でタクシー」などが人気ですね。

【関連記事】