Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

土葬に制約 イスラム教徒・ムスリムのお墓を考える 静岡

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ静岡NEWS

国内に約20万人が暮らしているとされる、イスラム教徒「ムスリム」。外国人労働者が増えて、日本で家庭を築き、日本で生まれ育つ「第2世代のムスリム」も増えています。 静岡・“新型コロナ”半年 何がわかったのか?気をつけるべきは? 専門医2人に聞く しかしいま、ある理由から安心して日本で暮らせないと感じているそうです。 それは、お墓の問題です。

藤枝市に住むスリランカ人のモハメドさん一家です。 16年前に父親の仕事で日本に移り住んだモハメドさん。 妻のアイシャさんに、リーナちゃんとライアンくん。一家4人、毎日にぎやかに暮らしています。

大きな不安・・お墓

しかし、日本での生活に大きな不安があります。 モハメド・ヌーマンさん 「私たちの家族には墓がない。日本では火葬が主流なんですが、私たちは土葬をしないといけないので土葬できる土地が見つからない」

イスラム教は土葬

イスラム教では火葬ではなく、土葬で遺体を埋葬します。 しかし、土葬ができる専用墓地は国内に10カ所程度しかなく、遺体の行き場がありません。 自分たちの将来、そして日本で生まれ、日本で育った子供たちはどうなるのか。 モハメド・ヌーマンさん 「外国人だけでなく、ムスリムは日本人にもいるので、亡くなって土葬できる場所がないと困る」

山梨県にある専用墓地

ムスリムの墓地とはどんなものなのか? 甲府盆地を見下ろす山の中腹に立つ曹洞宗の寺「文殊院(もんじゅいん)」。 敷地の一角に、国内でも数少ないムスリムの専用墓地があります。

文殊院・古屋和彦住職 「こちらがイスラム教徒の方々の墓地です」 杉村祐太朗記者 「日本のお墓とはずいぶん雰囲気が異なりますね」 古屋住職 「イスラム教徒は墓地を華美に飾り付けをしないと聞いています」 杉村記者 「墓地の区切りはどうなっていますか?」 古屋住職 「四角い石が四隅に置いてあって、その下に土葬したという目印になっています」

先代の住職がムスリムと交流が深く、50年ほど前に、寺の土地の一部をムスリムの専用墓地にしました。 当初は、年間数人程度が購入していましたが、1990年代半ばから、国内で暮らすムスリムの増加に伴い、年間10人以上に。 これ以上増えると収容できなくなると感じ、2002年には寺の檀家が眠る墓の一部もムスリムの墓地として使うようになりました。

【関連記事】