Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホタルイカしゃぶしゃぶいかが 滑川のレストラン光彩

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 滑川市中川原のレストラン光彩は、新メニューに「ほたるいかのしゃぶしゃぶ」を加えた。急速冷凍で鮮度が保たれたホタルイカを使い、夏でも新鮮な春の味覚を味わえる。  今年はホタルイカが豊漁だった一方、新型コロナの影響で、同レストランは約1カ月間、テークアウトのみの営業を余儀なくされた。旬の時季にホタルイカを味わえなかった観光客らに味覚を楽しんでもらおうと、しゃぶしゃぶを考案した。  ホタルイカを和風だしにくぐらせ、ポン酢やごまポン酢、酢みそに付けて食べる。ホタルイカは市の急速凍結機で保存されていたことから、細胞を壊さず食感や風味も取れたてのように保たれている。  スタッフの宮本岳史さん(42)は「シーズン後にも新鮮なホタルイカを楽しんでほしい」と話している。しゃぶしゃぶは800円(税込み)。

【関連記事】