Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辺野古地元に「申し訳ないが感謝」 宜野湾市長が初言及

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 【宜野湾】菅義偉内閣が発足することを受け、松川正則宜野湾市長は16日の市議会一般質問で、引き続き米軍普天間飛行場の早期返還と閉鎖を求める考えを示した。また普天間飛行場の名護市辺野古移設で条件付き容認を示す辺野古周辺の住民について「申し訳ない気持ちもあるが、感謝したい」と述べた。松川市長が辺野古周辺の住民に言及するのは初めて。いずれも平安座武志市議(絆輝クラブ)への答弁。  松川市長は、官房長官時の管氏と予算要求などで何度も会ってきたとし「市、県の発展のため力を入れていただけるのではないか」との見解を示した。キャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区跡地への琉球大学医学部・同大学病院移転の予算についても「改めて政府に要請させていただきたい」と話した。  普天間飛行場の移設で辺野古周辺の久辺3区に影響があることから「大変申し訳ない気持ちもある」とした上で「ただ苦渋の決断、対応には感謝したい。政府はしっかり対策をしてほしい」と答えた。

琉球新報社

【関連記事】