Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デビューのキエーザが一発レッド…2戦連続で退場者出したユヴェントス、昇格組クロトーネとドロー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GOAL

セリエAは17日に第4節が行われ、ユヴェントスは昇格組クロトーネと1-1で引き分けた。 ピルロ監督体制3試合目となったこの一戦。新型コロナウイルスに感染したC・ロナウドを欠く中、キエーザがユヴェントスデビュー。その他アルトゥール、モラタ、クルゼフスキといった新加入選手を軒並み先発させ、3-4-3システムで臨んだ。 しかし11分、ボヌッチがボックス内でファールを犯してPKを献上。これをシミーが沈め、ユヴェントスは早々に失点を喫する。それでも21分、GKのキックをモラタが落として速攻を仕掛けると、最後はキエーザのクロスをモラタが押し込み、前半の内に追いつくことに成功した。 ユヴェントスはその後ボールを持つ時間が増えるが、クロトーネの組織的で粘り強い守備に苦戦。すると60分、ボールに追いつこうとしたキエーザが相手と接触した際に足裏で踏むような形となり、一発退場処分に。前回のローマ戦に続き、2試合連続で退場者を出してしまう。 数的不利のユヴェントスは相手に押し込まれる時間も増える。75分にはクアドラードのカットインからモラタが触ってネットを揺らしたが、VARレビューの結果ノーゴールの判定に。試合は1-1のまま終了。9連覇中の王者は今季2引き分け目となり、4連勝を達成したミランとの差が4に広がっている。

【関連記事】

最終更新:
GOAL