Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬飼貴丈がジュノンボーイ候補者の“完成度”に感心、垢抜けの秘訣は「眉を剃らない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画ナタリー

「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストBEST35お披露目記者会見」が本日8月23日に東京都内で行われ、候補者たちと第25代グランプリの犬飼貴丈が出席した。 【写真】犬飼貴丈(メディアギャラリー他9件) 1988年にスタートしたジュノン・スーパーボーイ・コンテスト。これまで武田真治、袴田吉彦、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉ら数々のスターを輩出してきた。応募総数1万7158人から選ばれた候補者35名のうち、本日は4名欠席のため31名が出席。緊張と期待に満ちた面持ちで壇上に勢ぞろいした。 8年前、同じようにコンテストを受けた犬飼は「皆さんすでに完成されていますね。僕なんてイモ臭かったなと思います。ジュノンボーイのレベルも年々上がっています」と感心しながら候補者を見回す。候補者から犬飼への質問コーナーになると、全員一斉に挙手をした。その勢いのよさに「これ仕込んでますよね!? さすがにわかりますよ!」と芸能界の経験値をのぞかせる犬飼。指名された中学3年・石原月斗(ゆえと)から「『仮面ライダービルド』に出て変わったことは?」と聞かれると、「お芝居の楽しさやがんばりたいという気持ちが大きくなって、仕事へのモチベーションが上がりました。すべて『仮面ライダー』のおかげだと思えるぐらい、自分にとって大きな作品でした」と作品愛を口にする。また石原に向けて「自分で応募したんですか?」と尋ね、「気概がありますね。がんばってください!」と優しく声をかけた。 犬飼が先日出演した「ダウンタウンなう」で明かされた「グランプリを受賞したあと事務所のデスクに意味もなく3、4年座り続けていた」というエピソードを受け、21歳・岸本舜生(しゅんき)からは「当時は今の自分を想像できましたか?」と質問が。犬飼は「40歳か50歳ぐらいまでずっと座り続けていると思っていました(笑)。今ここに立てていることは昔の自分が報われたと思える瞬間ですね」と話した。会見の最後には、ジュノン読者に応援を募るとともに「(候補者が)噛んじゃったりすることもあると思いますが、こういう姿って今しか見られないので、初々しい姿も楽しんでいただけたら」と呼びかけた。 会見後、犬飼は囲み取材にも応じた。垢抜け方について記者から尋ねられると、「1つ大事なことがあります」と前置きして「『眉毛を剃るな』と注意されました。当時(眉毛が)ないぐらい細かったので。その教えを今も守ってます。ナチュラルな眉毛でいるのがジュノンボーイになる秘訣かもしれない」と熱弁。自身の今後については「ジュノンボーイというと“イケメン俳優”を想像される方が多いですが、それにとらわれずいろんな役をこなしたい」と展望を述べ、「高校時代にバンドを組んでいて、コンテストでもBOOWYさんの『マリオネット』を歌ったらグランプリを獲れたので歌には縁を感じています。趣味で曲を作ったりしているので、出せるタイミングがあれば前のめりで行きたいです!」と意欲を見せた。 ただいま「第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」では、ベスト20を選出する審査を実施中。投票方法はジュノン10月号に付属する愛読者ハガキ、携帯・スマートフォンサイト「プラチナ☆JUNON」、公式アプリ「CHEERZ for JUNON」、ライブ配信サービス「SHOWROOM」のいずれかとなる。 ※「BOOWY」の2つ目のOはストローク符号付きが正式表記

【関連記事】