Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文大統領「最大の危機…必要ならば、防疫妨害行為は逮捕・拘束を」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハンギョレ新聞

新型コロナに対するソウル市の防疫強化緊急点検 「ソウルの防疫が崩れると、全国が一気に崩壊する」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が21日、一部のプロテスタント教会と保守団体などが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の防疫に非協力的であることと関連し、「疫学調査や防疫措置を妨害する行為に対し、必要な場合は現行犯逮捕や拘束令状の請求など、厳重な法執行を示してほしい」と述べた。  文大統領は同日、ソウル市庁3階に設けられた「新型コロナウイルス感染症に対応するためのソウル市災害安全対策本部」を訪れ、このように強調した。最近、首都圏を中心に新規感染者数が300人台に急増したことを受け、直接緊急点検に乗り出したのだ。文大統領は「感染者数が300人を超えたが、あっという間に300人が900人になり、さらに千人を超えるかもしれない。国内でCOVID-19の感染者が発生して以来、最大の危機と言えるだろう」としたうえで、「ソウルの防疫が崩れると、全国の防疫が一気に崩壊する可能性もある」と述べた。  そして、ソウル市の持つ行政力を総動員するよう指示した。文大統領は「一部で迅速な疫学調査と防疫措置に対する妨害行為が非常に組織的に行われている。現場で(疫学調査と防疫措置を)物理的に制止したり、妨害するようなことまで起きている」とし、「非常に大々的なフェイクニュースを通じて政府の疫学調査をはじめとする防疫措置を妨害している」と述べ、これらの行為に対する懸念を示した。  文大統領はさらに厳しい法執行も要求した。文大統領は「もし疫学調査や防疫措置を妨害する場合は、感染病管理法だけでなく、公務執行妨害など他の刑事犯罪も適用し、断固たる法的対応をしなければならない」とし、「必要な場合は、現行犯逮捕や拘束令状の請求など、厳重な法執行をしっかり示してほしい」と述べた。「公権力がきちんと執行されていることを国民に必ず見せてほしい」と付け加えた。文大統領は「通常は公権力の行使は最小限に抑えるべきだと考えているが、感染病に対する防疫や災害に対する対処、こうした場合は個人の人権問題だけにとどまらず、国民共同体の生命と安全に直結する問題であるため、公権力が十分に国民を保護する役割を果たすべきだ」と述べた。さらに「感染病の拡散を防げないのも国民に申し訳ないことなのに、まして防疫と疫学調査に対する妨害行為に権力が十分な対応をせず、迅速な疫学措置が取れなかったことが原因で防疫に穴が空けば、それは国民に面目のないことだ」と述べた。  最近、COVID-19検査で陽性反応を示したチョン・グァンフン牧師が担任牧師を務めるサラン第一教会についても言及した。中央災害安全対策本部は20日午後6時現在、同教会に関連した感染者は合わせて739人だと発表した。「サラン第一教会の信者名簿や光化門集会に参加した人の名簿はすべて確保されているか」という文大統領の質問に、ソウル市のソ・ジョンヒョプ市長権限代行は「城北区(ソンブクク)のサラン第一教会は現場で調査を行っており、引き続き他の資料を確保しようと努力している。光化門集会に関しては、中対本レベルでリストがある程度確保されたと聞いており、自治体別のリストが作成され次第、ソウル市が連絡して管理していく計画だ」と説明した。防疫当局は前日、集団感染が発生したソウル城北区長位洞(チャンウィドン)のサラン第一教会で信者名簿の確保を試みたが、抵抗する教会側と一晩中対峙するなど、難航している。 ソ・ヨンジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

【関連記事】