Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

異例…高校野球レジェンド阿久沢さんが教諭からバスケBリーグ群馬新社長に転身「1部昇格と日本一を」

配信

中日スポーツ

 「王貞治2世」と称され、甲子園を沸かせたスラッガーが異例の転身だ。バスケットボール男子、Bリーグ2部に所属する群馬が1日、阿久沢毅新社長(59)の就任会見を行った。群馬・桐生高野球部で4番打者を務めた阿久沢新社長は、1978年センバツ大会で2打席連続本塁打を放ち4強に進出。長年務めた高校教諭を辞め、経営者の道を歩む。  母校・桐生高も含めた4校で野球部監督を歴任し、定年にあと1年を残して転身した阿久沢新社長。「自分が動くことで残していった生徒たちも勇気をもらう部分があるのではと、引き受けた。1部昇格と日本一を目指し、チームを広めることに闘志を燃やしたい」と意気込む。  群馬県内での知名度の高さとスポーツに懸ける情熱を買われ、昨年末からオファーを受けていた。実際に家族で試合を見に行くと、80歳を超えた母でも「面白いね」と言うほどの魅力があった。定年後は趣味を楽しむつもりでカヌーも購入していたが、迷いはなかった。  阿久沢新社長は「地元・群馬で多くの人が試合を見て、ちょっとした幸せを感じてもらえたら意義がある。そうしたファンを少しずつ増やすことしかできないし、それが生き残る道。一歩一歩、県民の心をとらえながらバスケ文化を根付かせたい」と決意を語った。コロナ禍で経営状態も苦しい中、1部チームから4選手が移籍し、補強も充実。野球で地元を熱くさせた男が、今度はバスケットボールで熱くする。

【関連記事】