Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

猪苗代“高原列車”の景色散策 軽便ウオークに200人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民報

 第二十二回いなわしろ軽便ウオークは二十七日、猪苗代町のJR川桁駅をスタート、町内の中ノ沢体育館をフィニッシュに開かれた。県民約二百人が参加し、古関裕而さん作曲の「高原列車は行く」のモデルになった沼尻軽便鉄道跡を散策した。  町商工会青年部などでつくる実行委員会の主催。開会式では渥美慎司青年部会長があいさつし、渡部常男町商工会長と、沼尻軽便鉄道の車両を製造していた協三工業(福島市)の加藤守社長が祝辞を述べた。「高原列車は行く」のメロディーとともにスタートした。  参加者は切符型のチェックリストを各停車駅で切ってもらい、歩を進めた。黄金色に染まった田んぼを眺めながら一七・五キロを歩き、終着点の中ノ沢温泉で入浴して身も心も癒やしていた。  新型コロナウイルス感染予防のため、手打ちそばや豚汁の振る舞いは行わず、代わりに弁当を配ったほか、恒例のスタート時の合唱は中止した。

【関連記事】