Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

次亜塩素酸水は新型コロナに有効だと確認したが... 政府「吸入しないように注意を」

配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、アルコール消毒液不足で、注目を集めた「次亜塩素酸水」。経済産業省による要請で、新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価を実施している「製品評価技術基盤機構(NITE)」は6月26日、限られた条件の下では次亜塩素酸水が有効だとする最終報告を発表した。条件としては、一定濃度以上であり、少量ではなく、モノの表面を十分な量で「ヒタヒタに濡らせば」有効だという。次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムや消毒用アルコールと比べて高額で売られているが、アルコールのように「少量をかけるだけでは効かない」という。また、人がいる空間での空間噴霧については注意を呼びかけ、「人が吸入しないように注意してください」「対策には消毒剤の空間噴霧ではなく、換気が有効」との指針を示した。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

次亜塩素酸水は、店頭での市販や自治体の無料配布などにより、次第に身近なものとなってきた。加湿器や超音波噴霧器によって噴霧する光景が、居酒屋や学校などで見られるようになった。 名前が似ている「次亜塩素酸ナトリウム」と混同されがちだが、異なる性質を持つ物質だ。 NITEが検証を行ったのは、アルコール消毒液などの代わりに身の回りの物品にかけたり拭いたりして消毒する手段としての評価だった。 手指の消毒に使ったり、空中に噴霧したりした場合の有効性、安全性はNITEによる評価の対象外となっている。

使用方法と安全上の注意点

今回、次亜塩素酸水は「有効塩素濃度35ppm以上」であれば、新型コロナウイルスに有効だと発表された。 拭き掃除には、「有効塩素濃度80ppm以上」のものを使うように示し、次の使用方法が適切だとした。 ・皮脂汚れなど目に見える汚れをしっかり取り除いて、使うこと ・十分な量の次亜塩素酸水で物品の表面をヒタヒタに濡らすこと(アルコールのように少量をかけるだけでは効かない) ・20秒以上時間を置いてから、綺麗な布やペーパーで拭き取ること

【関連記事】