Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダが米・中で大ヒットの10代目を投入! 新型アコードはセダン人気を復活させるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

今年2月、約7年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けて登場した10代目アコード。なぜ縮小傾向にあるニッポンのセダン市場に新型を投入したのか? 取材した自動車ジャーナリストの小沢コージがそのワケをガッツリ解説する。 【写真】新型アコードのディテール ■アメリカ、中国で大人気の新型アコード 静かなるセダンの逆襲だ! これぞ八郷隆弘社長の「新ホンダ劇場」なのかもしれない。満を持してニッポンに投入された10代目ホンダアコードのことである。 マジな話、日本でセダンは一部を除き全然売れていない。5月の登録車販売ベスト50を見てもそれは明らかで、セダン単独銘柄はトヨタのクラウンとカムリ、レクサスのESの3車種のみと全体の1割以下。売れているのは軽自動車で全体の4割弱。続いてハッチバック、残りはミニバンとSUVが続く感じだ。 しかも今年7月にはホンダ自身がコンパクトセダンのグレイス、8月にはシビックセダンの生産終了を決定......。 では、なぜ今頃になってアコードをセダン不遇のニッポンで売るのか? オザワがズバリ問うと、「アコードはホンダブランドを象徴するセダンですから」と関係者は答えた。確かにアコードは120以上の国や地域で販売され、累計台数2000万台を誇るホンダの顔ではある。 開発トップの宮原哲也チーフエンジニアはこう話す。 「今回の10代目アコードはわれわれからするとかなりの自信作なのです。そもそもアコードはグローバル商品であり、ホンダの看板です。今回の新型は、幅広いお客さまに向けて楽しく乗っていただこうと徹底的に考えて造った商品です。これだけよくできたクルマを日本のお客さまにまったく楽しんでいただけないのは切ないものがあり、何がなんでも日本市場に出したかったのが本音です」 論より証拠ということでオザワがガチ試乗すると、10代目は歴代で最もセクシーで快適なアコードだった。スタイリングは旧型に比べ全長をあえて45㎜も縮めると同時にノーズを伸ばしたワイルドフォルムが特長。全高を15㎜下げてワイド感をアピール。ルーフもリアに向けて滑らかに下っており、オヤジくさいセダンから決別したスポーティなクーペのようだ。 それでいてホイールベースは55㎜も伸びているから室内はマジでかなり広い。後席は身長176㎝のオザワがゆったりと足を組めるほどだ。

【関連記事】