Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】腰痛かと思っていたが、下半身にも痛みが!? 坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

腰痛とともに、正体のつかみにくい症状が、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)といえるでしょう。「痛」という字が付くからには、何かしらの痛みを伴っているはず。はたして、痛む部分はどの辺りで、何が原因で、どうすれば防げるのか。「みやき整形外科・脊椎クリニック」の味八木先生に教えていただきました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 味八木 二郎先生(みやき整形外科・脊椎クリニック 院長) 昭和大学医学部卒業。昭和大学藤が丘病院、麻生総合病院への勤務、昭和大学藤が丘病院整形外科兼任講師などを歴任後の2018年、東京都世田谷区に「みやき整形外科・脊椎クリニック」を開院。日本脊椎脊髄病学会指導医、日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医という専門性を生かしつつ、地域密着型の医療に専心している。医学博士。日本医師会、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊椎インストゥルメンテーション学会、日本低侵襲脊椎外科学会の各会員。

痛みの百貨店だからこそ、医師の判断が必要

編集部: 腰痛がひどいのですが、腰だけではなく太ももや足にかけても痛みが走ります……。 味八木先生: もしかしたら、「坐骨神経痛」かもしれませんね。坐骨神経はお尻からつま先まで伸びていますから、そのどこかが圧迫されると、広い範囲で痛みやしびれなどが生じます。 編集部: 坐骨神経痛の原因は何ですか? 味八木先生: さまざまにあります。まず考えられるのは「骨に原因がある場合」で、ヘルニアなどが代表例です。次に多いのは「筋肉に原因がある場合」でしょう。坐骨神経は梨状筋(りじょうきん)という臀部の深い場所にある筋肉の中を通っていますので、この筋肉がこわばると神経を圧迫します。また、血栓や静脈炎といった「血管に原因がある場合」でも、神経痛と同じような痛みを生じさせることがあります。ほか、注意したいのは、股関節にある大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)が骨折している可能性です。 編集部: 本当にいろいろとありますね。 味八木先生: 上記でもまだまだ一部ですよ。「坐骨神経痛」を病名だと思っていらっしゃる方がいますが、実は症状の総称なのです。したがって、痛みの原因を個別に診断していく必要があるでしょう。本当は骨折しているのに「坐骨神経痛」とみなされている患者さんも、実際にいらっしゃいます。 編集部: 自分がどのタイプか見わける方法はありますか? 味八木先生: 素人判断は危険ですから、インターネットなどで調べようとせず、医師の診断を仰いでください。その際は、より専門的な整形外科の受診をお勧めします。

【関連記事】