Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮根誠司氏、岸部四郎さん悼む「何度も密着取材をさせていただきまして、お世話になりました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 15日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、タレントで俳優の岸部四郎さんが8月28日午前4時33分、拡張型心筋梗塞による急性心不全のため、千葉県内の病院で死去していたことを速報した。  71歳で亡くなった岸部さんについて、宮根誠司キャスター(57)は「訃報が飛び込んできまして…」と話すと、「脳出血で倒れられて、パーキンソン病も煩って。それから入退院を繰り返されていらっしゃった」と続けた。  その上で「『ミヤネ屋』では何度も密着取材をさせていただきまして、岸部さんにはお世話になりました。心からお悔やみ申し上げます」と沈痛な表情で話した。  同番組では、番組の最後に2008年の初取材以来、全22回に及んだ「岸部さん密着企画」を紹介した。  5年に渡り、体力測定、お見合い企画、ドラマ出演密着、高額宝クジ当選への道など岸辺さんに密着したVTRを見た宮根氏は「あのひょうひょうとした岸部さんの生き方、肩肘張ってない生き方って、何か惹かれるというか。我々も癒やされるというか安心させられるというのが、岸部さんに惹かれた一つの要因じゃないかなと思います」と話した上で「長い間、ありがとうございました。また、岸部さんの取材できると思っていたんですけどね…」と続けていた。

報知新聞社

【関連記事】