Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画『風とともに去りぬ』、人種差別的描写のため「配信一時停止」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ヴィクター・フレミング監督作品の『風とともに去りぬ(Gone with the Wind)』が、奴隷制を美化しているとして削除するよう批判されたことを受け、アメリカの動画配信サービス大手のHBO Maxが一時的に配信を停止した。 【写真】ガガもアリアナもビヨンセも反論! 人種差別に怒りと悲しみの声を上げた21人のセレブたち 映画『それでも夜は明ける』でアカデミー賞を受賞した、監督で脚本家のジョン・リドリーが、6月9日夜(現地時間)、『The Los Angeles Times』紙の論説に寄稿して要請した。彼は、南北戦争当時の南部を舞台にした1939年の作品『風とともに去りぬ』が、歴史的にその時代特有の状況を描いていることは理解しているが、表現が十分ではないと指摘。「奴隷制の残酷さを無視した作品で、有色人種についてのもっとも痛ましい固定概念を残しているだけだ」と、述べた。 例えば、アカデミー授賞者のハティ・マクダニエルが演じたマミー(黒人奴隷として連れてこられた乳母)のキャラクターは、映画における黒人女性の描写を浅く悪影響与えるものになった始まりであり、他にも“幸せな奴隷”神話に寄与する描写があったという。

また、リドリーは、『風とともに去りぬ』は「南部連合を美化し、分離独立運動は実際には人間を所有し、売買する“権利”を維持するための残忍な武力抗争であったのにもかかわらず、実際よりも意義があり、すばらしく気高いものだったというイメージに正当性を与え続けている」とも、つけ加えた。 しかし、リドリーは検閲行為にならないように配慮し、同作に完全に“鍵“をかけてしまうのではなく、HBO Maxに、奴隷制や南部連合国について全体像がよりわかるような説明を加えるよう求めた。「あるいは、物語や、支配的な文化を単に強化するだけの見方ではなく、様々に異なる見地に立ったストーリーをシェアして多くの声を持つことがなぜ重要なのかについての会話などを組み合わせるのも可能かもしれない。現時点では、同作に何の警告や免責条項すら添えられていない」と、続けた。 HBOはリドリーの要求を受け入れ、次のような声明を発表した。

【関連記事】