Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マカオ、女子高生への痴漢で逮捕のフィリピン人の男、7年間のオーバーステイも発覚

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マカオ新聞

 マカオ治安警察局は7月13日、タイパ島中心部にある陸橋の上りエスカレーターで背後から女子高校生の尻を触ったとしてフィリピン人の自称無職の男(37)を逮捕したと発表。  事件発生時刻は同月11日午後2時頃。被害者が何者かに尻を触られたのに気付き、振り返って背後にいた男に問い質したところ、男が逃走したことから警察に通報。通報を受けた警察が公共エリアの監視システムなどを使って逃げた男の行方を追い、同日午後11時頃に身柄の確保に成功したという。  容疑者は警察の調べに対し、不用意に当たってしまっただけだと容疑を否認したとのこと。また、有効な身分証を提示できなかったため、警察のデータベースで照合したところ、2013年から7年間にも及ぶオーバーステイ状態だったことも発覚。同時に、容疑者が滞在先として供述したガールフレンド宅を捜索し、ホームヘルパー職のフィリピン人の女(42)を発見したという。  警察は痴漢の男についてセクシャルハラスメント罪及び滞在期限経過後も警察署へ出頭しなかったとして違令罪で、そのガールフレンドの女についても男を匿った収容罪でそれぞれ検察院送致したとのこと。

【関連記事】