Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

投手・村田修一が打者専念を決意。 松坂大輔と古木克明との対戦で心境に変化

配信

webスポルティーバ

こんな対決あったのか!高校野球レア勝負@甲子園第9回 1998年春、1998年夏村田修一(東福岡)×松坂大輔(横浜)、古木克明(豊田大谷) 【写真】大谷翔平は甲子園デビューで松本剛に決勝打を打たれた  のちに"松坂世代"とくくられることになる高校3年生が、甲子園に足を踏み入れた1998年。東福岡(福岡)の村田修一は、沖縄水産(沖縄)の新垣渚に並ぶ好投手として、九州でその名を知られていた。  ストレートの最速は144キロ。現役引退後に出版した書籍『あきらめない。最後の最後まで逆境に立ち向かった「男・村田の流儀」』(KADOKAWA)のなかで、高校時代をこう振り返っている。 「九州ではそれなりに名前を知られたピッチャーだった。普通に投げれば打たれない。同じ学年に新垣渚(元福岡ソフトバンクホークスなど)がいたけど、『速いのは速いけど、コントロールは悪いし』と思っていた」  しかし、甲子園でその鼻っ柱が折られることになる。  春のセンバツ。東福岡は初戦の2回戦に勝てば3回戦で横浜(神奈川)と対戦する組み合わせになっていた。その時、横浜のエースとして騒がれていたのが松坂大輔だった。  いくら前評判が高くても、高校生のうちに完成したピッチャーは多くない。「どれくらいすごいか見てやろう」と村田は思っていたという。しかし、大会3日目の第2試合に臨む前に、第1試合でマウンドに上がった松坂のピッチングをモニター越しに見た瞬間、「なんだ、これっ!?」と衝撃を受けた。

軽く投げているように見えるのに、ストレートは140キロ後半。スライダーも「こんなに曲がるのか」と村田が驚くくらいに鋭く変化した。 「初戦の前に松坂のピッチングを見て、『今日勝ったら、こいつと対戦するのか......』と。甲子園ではコールドゲームがない。横浜打線は強力だったから、恥をかかないで福岡に帰るためにはどうしようと真剣に悩んだ。同じ高校生とは思えなかった」  その日、東福岡は出雲北陵(島根)に5-0で勝ち、報徳学園(兵庫)を6-2で下した横浜と対戦することになった。  優勝候補に挙げられていた報徳学園に勝った松坂が「次の試合はふたケタ三振を取ります」と宣言するのを聞いて、村田は「えらそうなことを言うな」と思ったのだが、試合で対戦した瞬間に松坂のすごさを実感することになった。 「インコースに来たボールがびゅーっと曲がってキャッチャーミットに収まった。体に当たるかと思って身を固くした僕をあざ笑うかのように、球審の判定はストライクをコールした。『絶対に打てんやろう!? なんや、今の......』と思った」  速いボールを投げる速球派はほかにもいたが、音を立てて向かってきたスライダーがアウトコースに決まるピッチャーは松坂だけだった。  投手・村田は、松坂にレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースを打たれるなど、0-3で敗れた。東福岡が松坂から放ったヒットは2本だけ。三塁さえ踏むことができない完敗。三番に座った村田は4打数ノーヒットに終わった。 「2個の三振を奪われて、この時、ピッチャーとして松坂に勝ちたいという気持ちよりも、『バッターとして打ち返したい』という気持ちが芽生えた」

【関連記事】