Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

にわかだけじゃない、古参ファンには「感謝しかない」廣瀬俊朗が語る、W杯成功の要因

配信

REAL SPORTS

2019年はラグビーの年だった。当初は大会の成功が不安視されていたラグビーワールドカップ2019だったが蓋を開けてみれば日本代表の快進撃もあり、そこかしこでラグビーの話題に花が咲く“ブーム”に。大成功に終わったワールドカップのあと、このブームを本物に変えていくにはどうしたらいいのか? 元日本代表“伝説のキャプテン”、廣瀬俊朗氏に聞いた。 (インタビュー・構成=大塚一樹【REAL SPORT編集部】、撮影=末永裕樹)

ラグビーがいまの時代にマッチした

――ラグビーワールドカップの盛り上がりで、日本人のラグビーを見る目、取り巻く環境が大きく変わりました。元日本代表キャプテンでもある広瀬さんは、どう感じていますか? 廣瀬:いままでのラグビーは、コアなファンがすごく多くてその方たちに支えていただいてたという感覚があったんですけど、今回のワールドカップを契機に、ライトな、いわゆる“にわか”ファンが大幅に増えました。特に女性の方に見ていただけたのはこれからのことを考えるとすごく大きかったですね。 「ラグビーはルールがわからない」とこれまでネガティブに捉えられてきたことが、「ルールがわからなくても見たら面白い!」というポジティブな受け取り方に変わっていったのが個人的にはとても面白かったし、うれしかったです。ラグビーというスポーツに対するみなさんのマインドセットが変わったというか、もちろん日本代表のがんばり、活躍があってのことですが、ワールドカップを通じて感じた大きな変化はそういうところですね。 ――今回のワールドカップの成功の要因、廣瀬さんが考えるポイントはどんなところですか? 廣瀬:一つはやっぱり日本代表が勝ち進んでくれたことですね。ベスト8という結果だけじゃなく、いい試合をしてくれたこと。もう一つは、元々ラグビーが持ってる価値が顕在化したってことじゃなでいすかね。スポーツとしての魅力はもちろんですけど、ポジションごとに役割があって、体が小さい人も大きい人も自分たちの個性を活かして活躍できる。さらに日本代表が体現していた多様性ですよね。社会でもダイバーシティの重要性が言われるようになって、時代とラグビーがマッチしたのかなというのは感じますね。 ――ワールドカップ開幕前は日本代表の外国籍選手の割合なんかも話題になっていましたからね。 廣瀬:以前の日本との変化、たとえば外国人のインバウンド、観光客もこれまでとは比べものにならないくらい増えていますし、多様性というのが当たり前、そういうことも含めて受け入れられる時代になっているのかなとは思います。

【関連記事】