Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フィリピンの政権批判のテレビ局、暫定放送再開に許可

配信

ニューズウィーク日本版

首都の都市封鎖が続くなか、大手民放が放送停止という異常事態はようやく解消へ

フィリピンの大手テレビ局ネットワークのABS-CBNに対して国家放送委員会(NTC)が放映権の期限切れを理由に放送停止命令を出し、同局と系列局などが5月6日から一斉に放送中止に追い込まれていた問題でフィリピン下院は13日、緊急議会を開き当面5カ月間の暫定放送許可を与えることを決めた。 今後上院での審議・可決を経て最終的にはドゥテルテ大統領による署名でこの暫定放送許可の法案は成立し、近くABS-CBNは放送を再開することが可能となる。 25年間の期限が切れたABS-CBNの放映権については、今後暫定放送許可の期間中に議会で継続審議して解決の道筋を探ることも確認され、とりあえずは停波という最悪の状態からは脱することになりそうで、関係者らは安堵している。 ABS-CBNの放映権更新については、国会での審議途中であったことや、議会が新型コロナウイルス対策を最優先議題としていること、そもそも感染防止の一環として実質的な休会状態になっていたため、期限終了(5月4日)以降も最悪の停波措置にはならず放送継続は可能というのが大方の見方だった。 ところが、NTCは突然の放送停止を命令。その背景にはABS-CBNが一貫して取り続けるドゥテルテ政権への批判的立場への「懲罰的措置」という側面もあったとの見方が有力視されていた。 一方、大統領府は「NTCは法律に従った決定をしただけで、ドゥテルテ大統領は決定に関与などしていない」として政治的背景のないことを強調、事態の推移を静観していた。 <オンライン審議で暫定放送許可を決める> 13日に下院で審議されたABS-CBNの暫定放映許可に関する法案は下院のピーター・カエタノ議長が提案し、新型コロナ感染防止のためオンラインでの議会開催という形で審議が進められた。 審議ではNTCの突然の放送停止命令にフィリピン国内外から「報道や言論の自由を制限する命令で問題がある」との指摘が相次いだことなどを背景に「事前通告や適正な手続きを無視した命令だった可能性がある」としてNTCへの批判も出た。 さらにコロナ禍に関する情報提供を担う報道機関であることに鑑みて「突然の放送停止命令には問題がある」との立場から、暫定的な放送許可を与えることになった、などと地元メディアは伝えている。

【関連記事】