Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「とにかく共演女優にモテる」…大森南朋48歳は“おじキュン”どころか“色気垂れ流し系”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

“半沢直樹一強”かと思われた夏ドラマで、平均視聴率15.1%、最終回は19.6%と気を吐いたのが「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)。主演の製薬会社社員・メイ役の多部未華子(31)に劣らず存在感を示したのが、家政夫・ナギサ役の大森南朋(48)だ。 【画像】“色気垂れ流し系”大森南朋の写真を全部見る 「家事がダメな女性と中年男の家政夫が織りなすホームコメディーですが、原作漫画では、ナギサは西島秀俊などが合いそうな、清潔感のある優しいおじさんだった。そこに真逆の大森を持ってきたのが成功の理由。朴訥な家政夫が次第に話題になり、胸キュンならぬ“おじキュン”現象まで起きた」(放送記者)  2月に公開された映画「初恋」でも悪徳刑事を演じたように、やさぐれた役のイメージが強い大森。俳優デビューは21歳のときだった。 「元々はロックバンドのメンバーで、今も“音楽は体の一部”だとして活動しているが、音楽だけでは食えず、父親の舞踏家・麿赤兒(77)の薦めで役者の世界に入った。2001年に映画『殺し屋1』で初主演。狂気的な演技で注目されたが、カルト俳優の域を脱せずにいた」(芸能デスク)

自覚なく男の色気を垂れ流すモテ男

 突破口となったのは07年の連ドラ「ハゲタカ」(NHK)。冷徹なファンドマネージャー役でブレイクを果たした。 「端正なイケメン俳優はいくらでもいるが、故・松田優作のようにアウトローが似合う俳優が不足していた。大森は佇まいだけでその雰囲気が出せる貴重な存在。昨年には『サイン』(テレ朝系)の法医学者役でついに民放連ドラ初主演。平均視聴率10.9%は十分合格点。続編の噂も出ている」(芸能記者)  おじキュンするのは視聴者ばかりではない。「自覚なく男の色気を垂れ流すタイプ。とにかく共演した女優にモテる」(同前)。寺島しのぶ、蒼井優らとの仲が取り沙汰された後、12年に18歳年下の女優・小野ゆり子と結婚。昨年5月に第1子が誕生し、今はマイホームパパが板についているという。 「『ナギサさん』のヒットで一番喜んでいるのは、10月公開の映画『空に住む』の関係者かもしれない。大森は作家役で出演しているが、主役の女性編集者を演じるのが実は多部。波及効果を期待する声が挙がっている。“わたナギ”はメイとナギサさんの結婚で終了。2人の結婚生活を描いた特別編も放送されたが、その後につながる余地を残しているから続編もあり得る。他局も大森の“主演ドラマ獲り”に動き出している」(同前)  周囲は早くもオオモリ上がり。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年9月24日号

【関連記事】