Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

腸活にいい発酵タマネギのレシピ。納豆チーズとトーストに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

タマネギを発酵させることで、腸活効果がアップ! 辛味がマイルドになるので食べやすく、血液サラサラにも効果が期待できます。 発酵タマネギは、毎日食べるとやせ菌が増えて、やせやすい体になります。保存袋を使った簡単な発酵のさせ方と、飽きずに食べられる手軽なアレンジレシピを紹介します。 最高のバタートーストの焼き方。オーブンには底面から入れる

辛味がマイルドになり、整腸作用+血液サラサラにも効果大!発酵タマネギで腸活

●発酵タマネギのつくり方 【材料(つくりやすい分量)】 ・タマネギ2個(400g) ・塩 小さじ2と1/2 ・A[ミネラルウォーター大さじ3 赤唐辛子(種を除く)1本]

【つくり方】 (1) タマネギは半分に切って芯を除き、縦薄切りにする。

(2) ジッパーつき保存用ポリ袋に入れ、塩を加えて袋の口を閉じる。数回振って塩を全体になじませてから、しんなりするまで外側からよくもむ。

(3) Aを加えて全体をなじませ、空気を抜いて口を閉じ、バットなどにのせる。上に同じ大きさのバットなどをのせ、500gの重し(水を入れた500mlのペットボトル1本)をのせて、常温で春夏は2~3日、秋冬は5~6日おいて冷蔵庫に入れる。汁がにごり、辛味がやわらぎ、自然な酸味とうま味が出たら完成。

【保存法】 保存袋のまま、または、清潔な保存容器に移して冷蔵庫で約2週間保存が可能。 【食べ方のヒント】 そのまま食べる場合は、オリーブオイルやゴマ油を加えると食べやすくなります。生のタマネギ同様、料理やドレッシングに使うと、風味がアップ。栄養豊富な漬け汁は肉をやわらかくする効果も。

無理なく続く!発酵タマネギの簡単アレンジメニュー

●蒸し鶏と発酵タマネギのオイルあえ あっさりしがちな蒸し鶏が、発酵タマネギの風味で奥深い味わいに。 【材料(4人分)】 ・発酵タマネギ 150g ・鶏胸肉 大2枚(600g) ・A[発酵タマネギの汁 大さじ2 塩 小さじ1] ・長ネギの青い部分(あれば) 1本分 ・ショウガの薄切り(あれば) 5枚 ・酒 大さじ2 ・青ジソ 5枚 ・オリーブオイル 大さじ1と1/2 【つくり方】 (1) 鶏肉は室温に戻し、厚い部分に包丁を入れて厚さを均一にする。Aをもみ込み、10分おく。 (2) 耐熱皿に(1)を皮目を下にして入れ、あれば長ネギの青い部分、ショウガをのせて酒をふり、ふんわりとラップをする。電子レンジ(600W)で4分加熱し、鶏肉を裏返してさらに3分加熱し、ラップをしたまま粗熱がとれるまでおく。 (3) 鶏肉の粗熱がとれたら皮を除いて身を裂き、発酵タマネギ、ちぎった青ジソ、オリーブオイルを混ぜ合わせる。※除いた鶏皮はあえ物などに使える。 [1人分237kcal]

【関連記事】