Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

緊急事態宣言が解除されて初めての週末…日曜日の人出17.3ポイント上昇 静岡市

配信

静岡朝日テレビ

 緊急事態宣言が解除されて初めての週末となった静岡県内は人出が戻り始めました。 難波亮太記者:「緊急事態宣言が解除された翌日、金曜日午後7時半。静岡市の繁華街、多少人が動きが戻ってきたようにみえます」  先週金曜日の静岡市の中心市街地。緊急事態宣言が出ていた1週間前と比べると交差点にいる人の数は明らかに増えています。 会社員男性:「意外とみんな出てるんだなと思って、ちょっとびっくりしている。みんな行きたい気持ちがたまっていたのかな」 男性:「まだ怖いんですけど、だめだめと言われてたからこそ、久々の1カ月ぶりの外食が楽しかったという感じ」  NTTドコモの調査によりますと、きのう午後3時時点のJR静岡駅の人出は感染拡大前の平均より47・4%の減少でした。その1週間前と比べると17・3ポイント上昇しています。  政府が感染症対策と経済活動を両立させる新しい生活様式を掲げ、外出する人は増えています。  しかし、飲食店の不安はすぐには解消されません。この店の利用客は営業再開後も1日1組か2組だといいます。 ラクレット&肉バルハイジ 佐藤亮一代表:「週末はきのう(緊急事態宣言が)明けたところからちょっと期待していたが、予約も入ってきてないですし、正直まだつらい状況が続くのかなという不安は残る」