Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人「戸郷翔征」は9月に入ってなぜ打たれ始めたのか【柴田勲のセブンアイズ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 巨人が20日のDeNA戦(横浜スタジアム)を5対0で快勝、優勝マジックを「32」とした。落としていたら(20日現在)さすがに同一カード3連敗はまずいし、それに阪神戦からの4連敗となって、少しは慌てる気配が出たかもしれない。  先週は今後の巨人、5割でいけばいいと記したが、どこのチームも残り試合は40少しだ。もう5割でなくてもいいのではないか。大きな勝ちだった。その原動力となったのが畠世周投手だ。先発予定だったC・C・メルセデスが左ヒジに違和感を訴えて登板回避したために代役となったが、実にいい投球をした。

 畠、もともと力のあるボールを投げる。今年4年目、毎年ローテ候補に挙げられながらも、ケガに泣いてきた。それに課題は制球力で、四球で走者を溜めては一発を食らうことが多かった。ベンチも四球だけは防げない。監督、コーチは不安になるだけだ。守っている野手にも悪影響を与える。  前回の広島戦は(8月22日)3回途中で5四死球と自滅した。だが、20日の畠は打者に対し低めを狙い丁寧に投げていた。6回78球で四死球は1。バックがよく盛り立てたが、投球のリズムがよく、四死球が少なかったということもあるだろう。  とにかく、ストライクが入らないことには始まらない。  同日、ロッテに移籍した澤村拓一が延長十回2死から3四球で満塁としている。なんとか切り抜けたが、こんな時、ベンチはたまったものではない。澤村ほどの球威があれば四隅を狙う必要はない。元に戻らないでほしい。こう思った次第である。  話を元に戻す。それにしても今年の巨人は巡りあわせがいい。2年目の戸郷翔征が開幕からローテの中心を担ってきたが、ここに来てもがき苦しんでいる。9月に入って3戦0勝2敗、防御率は6・11だ。18日のDeNA戦は5回を被安打8で自己ワーストの6失点を喫した。  こんな時に畠が出てきた。今季はこのようなケースが多い。  その戸郷、相手チームにかなり研究されている。左打者にはシュート気味、右打者にはスライダー気味に落ちる低めのフォークを有効に使ってきた。ややボール気味だがカウントを取って主導権を握り、また勝負球にしてきた。相手打者はよく手を出していた。  最近、見ていると、対戦打者たちはこのボールを振らなくなった。となるとカウントが悪くなり、どうしても高めとなる。これをきっちりと打たれている。  戸郷にとって今季は実質プロ1年目だ。開幕から菅野智之とともに巨人投手陣の軸として働いてきた。精神的にも肉体的にもきついだろう。そのきつさに相手チームの研究だ。  でも、ここは乗り越えなければならない壁だ。戸郷もまた研究する必要がある。例えば外角低めのストレート、スライダーの制球力に磨きをかけて、このボールで打者を追い込む。追い込んでからのフォークを使う。これは効果的だ。多少低めでも振ってしまう。  研究されたら研究し返す。この意気込みで壁を乗り越えてほしい。

【関連記事】