Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集  FW岩永空潤(長崎総科大附)

配信

高校サッカードットコム

 一度ボールを持ったら、簡単には止められない。切り込む角度と相手との距離に拘り、上手く自らの間合いに持ち込み、猛スピードで相手DFを置き去りにする。「空潤」と書いて、「ソウル」と読む名前には、両親の大切な魂がこもった子どもという意味が込められているが、見る人の魂を揺さぶるような切れ味鋭い突破が最大の持ち味だ。  左サイドのMF小田晃暉(3年)を含めたサイドアタックが今年の長崎総科大附のストロングポイントだ。多くのJリーガーを育てた小嶺忠敏監督も認める存在で、「ボールを持ったら奪われても良いから仕掛けなさい」と積極的な仕掛けを推奨されている。試合が進むにつれて、岩永に手を焼く相手チームの経過網は厳しくなるが、複数人が襲い掛かってきても強引に引きはがす。  昨年までは「点を獲ろうとは思っていなかった。ただ良いプレーやドリブルをしようと思っていた」が、選手権では持ち味を発揮できず、初戦敗退に終わった。後悔の念は強く、最終学年を迎えた今年は良い選手で終わりではなく、チームの勝利を貪欲に狙っている。「昨年から試合に出ているので、今年は自分がやらなくちゃいけない。自分が点を獲って勝たせたいと思っている」とカットインから左足でゴールを狙う形が増えたのは追い風だ。活動再開後は、これまで以上に鋭さを増した彼の名を聞く機会も多くなるだろう。

【関連記事】