Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・佐々岡監督、4回6失点の九里に苦言「責任を持って調整をしないと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「巨人10-3広島」(21日、東京ドーム)  広島は投手陣が打ち込まれた。19安打10失点。2桁失点は今季9度目だ。  九里が試合を作れなかった。田中広の右越え2ランで2点の援護を受け上がった初回のマウンドで1失点。2-1の二回は2死から松原のソロで同点とされた。  三回に逆転を許すと、四回は3失点。あっという間にリードを広げられた。4回9安打6失点(自責点5)に「先制をしてもらったのにリードを守り切れずに申し訳ない。早い回で降板してしまったので中継ぎの投手に負担をかけてしまった。防げた失点もあったので、そこは反省点です」と振り返った。  佐々岡監督は「広輔がホームランを打って良い雰囲気の中で先制をしたのに、先発が試合をつくらないとチームは乗っていけない。点の取られ方が良くない。中5、6日あいているんだから、責任を持って調整をしないと」と苦言を呈した。

【関連記事】