Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

変わりゆく渋谷の思い出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 変わりゆく渋谷については以前にも書いた。  しかし、実際の変化を目の当たりにすると、口笛吹いて足取り軽やかになれない自分がいる。渋谷には、あまりにもたくさんの思い出があるから。  「#東横デパート閉めるってよ」   渋谷のあちこちの看板に踊るこのコピーは、映画『桐島、部活やめるってよ』のパロディーに違いない。  私にとって東横デパートは、日々通過する渋谷のランドマーク的存在だ。  いまだに東横デパートがなくなるという現実を受け止めきれず、上の階から地下まで理由もなく歩いてみたりする。  東横劇場は現在の食堂街の辺りだろうか。  劇場へ続く階段、ここは 幼い頃の記憶に残っている。  木馬座のケロヨンを見に行った時だろうか。私はこの階段の手すりの曲線を何度もなぞったりなめたりして、母に叱られたり呆れられたりした。思えば〝とても子どもらしい〟少女だった。  東横デパートの中で、いつも立ち寄りたくなるのが、甘味喫茶「銀座立田野」。

 何かを成し遂げたと思えた時、ここで「あんみつ」をひとりで食べるのが私の〝儀式〟だった。成し遂げたといっても、それは恋愛だったり別れだったり、誰にも言えない秘密めいたことばかり。  私は今でも、お年頃の娘が抱える秘密ほど大胆不敵なものはないと確信している。  高校時代は、神宮前の喫茶店でのアルバイトの帰りに、よく渋谷で遊んだ。  友達を介して知り合った〝ほらしん〟こと洞口信也君は、名字が同じだったので意気投合。     彼のバンド仲間と私たち女子高仲間はファミレスの「ジョイタイム」でよくたむろした。  そのバンド仲間の西尾智浩君は、あの「亀の子束子(たわし)」のご子息だったので、南平台のお屋敷を見学に行ったことがある。  大きなギターを背負い転びそうなロンドンブーツを履いて屋敷へ消えてゆく西尾君の後ろ姿は、まるでロック映画のワンシーンのようで今でも目に焼き付いているほど。  あれから時は流れ、洞口君はクレージーケンバンドのベーシスト、西尾君は浜崎あゆみなどのサポートギタリストとしてそれぞれ活躍。そして現在、西尾君は「亀の子束子西尾商店」を継いでいる。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS