Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人ウィーラーが最高打率、阪神梅野がトップ8打点…セ週間ベストナインは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

中日が3勝1敗2分、DeNAが3勝2敗1分と勝ち越した第7週のセ・リーグ

 新型コロナウイルスの感染拡大により、3か月遅れで6月19日に開幕を迎えたプロ野球。7月10日から始まった有観客試合も、5000人を上限としながら、日々、熱戦が繰り広げられている。7月27日から8月2日までの第7週を終えて、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。 【動画】「走塁センス」「ギャップが凄い」と絶賛 ウィーラーがタッチを掻いくぐり左手1本“神生還”の実際の映像  ここではその7月27日から8月2日までのプロ野球第7週の選手成績を検証し、Full-Count編集部独自に週間ベストナインを選出した。セ・リーグは首位の巨人と2位ヤクルトの差が4ゲーム差になり、巨人が徐々に走り出している。 【セ・リーグ現在の順位表】 →1 巨人 36試合22勝12敗2分 →2 ヤクルト 37試合17勝15敗5分 4.0 ↑3 DeNA 38試合18勝18敗2分 1.0 →3 阪神 36試合17勝17敗2分 0 ↑5 中日 39試合15勝21敗3分 3.0 ↓6 広島 36試合13勝19敗4分 0 【第7週セ・リーグ】 1 中日 3勝1敗2分 2 DeNA 3勝2敗1分 3 巨人 3勝3敗0分 4 ヤクルト 2勝3敗1分 4 阪神 2勝3敗1分 4 広島 2勝3敗1分  第7週のセ・リーグは中日が3勝1敗2分と2つの勝ち越しと好調で、広島を抜き最下位脱出に成功した。DeNAも1つの勝ち越しで3位タイに浮上。巨人は五分、ヤクルト、阪神、広島の3球団はそれぞれ2勝3敗1分と1つの負け越し。広島は最下位に転落した。

巨人の大江は4試合6イニングを投げて無失点、阪神木浪は打率.368

【第7週セ週間ベストナイン】 先発 梅津晃大(中日) 救援 大江竜聖(巨人) 捕手 梅野隆太郎(阪神) 一塁 ビシエド(中日) 二塁 宮本丈(ヤクルト) 三塁 宮崎敏郎(DeNA) 遊撃 木浪聖也(阪神) 左翼 ウィーラー(巨人) 中堅 大島洋平(中日) 右翼 梶谷隆幸(DeNA)  セ・リーグの中で2つ勝ち越した中日からは野手でビシエド、大島を選出。大島はこの1週間で打率.318と上々のアベレージを残し、好調だったチームを牽引した。ビシエドは打率こそ.250だったが、リーグ2位タイの6打点と勝負強さを発揮していた。  セ・リーグ第7週で打率トップだったのは楽天から巨人へとトレードで移籍したウィーラーだった。6試合のうち5試合でスタメン起用され、18打数7安打の打率.389と結果を出した。阪神の梅野はリーグトップの8打点と活躍し、木浪は打率.368と高いアベレージを記録していた。  3勝2敗1分と1つの勝ち越しだったDeNAからは宮崎と梶谷を選出。梶谷は打率.333をマークしただけでなく、リーグトップタイの3本塁打を放った。宮崎も打率.304で2本塁打4打点とまずまずの成績。ヤクルトの宮本は二塁手として打率.333をマークした。  投手では先発に中日の梅津、救援には巨人の大江を選んだ。梅津は2日のヤクルト戦に先発すると、延長10回まで1人で投げ抜いて完封。引き分けに終わり、勝利投手にはなれなかったものの、圧巻の好投だった。大江は1週間で4試合に登板して、6イニングを無失点。2日の広島戦ではKOされた桜井に代わって3回途中からマウンドに上がり、2回2/3を無失点に封じた。

Full-Count編集部

【関連記事】