Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妻夫木聡や佐藤健、映画出演の多かった俳優が連ドラに戻ってきた「業界事情」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 10月期ドラマの目玉のひとつ、TBSの日曜劇場『危険なビーナス』('20年)に、主演することが決まった妻夫木聡(39)。日曜劇場で彼が主演を務めるのは、'04年の『オレンジデイズ』以来、実に16年ぶりだという。  【写真】若いっ! 主役級しかいない『ランチの女王』制作発表会での面々  かつて『ランチの女王』('02年・フジテレビ系)や『ブラックジャックによろしく』('03年・TBS系)、『スローダンス』('05年・フジテレビ系)など、民放連ドラでメインキャストもしくは主演として活躍してきた後、NHK大河ドラマ『天地人』('09年)で主演を果たした妻夫木。  そんな彼が「連ドラ」に出ること自体、『若者たち2014』('14年・フジテレビ系)以来、6年ぶりとなる。

連ドラに戻ってきた俳優たち

 妻夫木の例ほど極端ではないが、近年、民放の連続ドラマから遠ざかっていた役者たちが、次々と連ドラに戻ってきている。  たとえば、現在放送中の『半沢直樹』('20年・TBS系)で「帝国航空再生タスクフォース」のリーダー・乃原正太役で出演している筒井道隆(49)。  90年代に朴訥としたキャラを多数演じ、アイドル俳優的人気を博していた彼が、民放連ドラでは久しぶりの出演となる同作で、かつてのイメージを大きく覆す「インテリヤクザ」的魅力を放っていることは、大きな話題となった。  また、連ドラに戻ってきたことで、ますます需要の高さを示したのが、『恋はつづくよどこまでも』('20年・TBS系)で多くの女性視聴者を悩殺した佐藤健(31)だ。  彼がNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン・鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれた「運命の人」として繊細な美青年・律を演じたのは、2018年上半期。このとき、連ドラ出演は『天皇の料理番』('15年・TBS系)以来、3年ぶりのことだった。  個人的には彼の連ドラデビュー主演作『仮面ライダー電王』('07年~'08年・テレビ朝日系)での中性的な魅力のある「史上最弱のライダー」野上良太郎や、NHK大河ドラマ『龍馬伝』('10年)での野良犬的な切なさ・愛らしさと「人斬り」として狂犬的魅力の岡田以蔵、『Q10』('10年・日本テレビ系)での病弱で冷静で大人びた高校生役など、線の細い佐藤健こそが、至高の美しさだと思っていた。

【関連記事】