Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Museum from Home:半蔵門ミュージアム「大和路の仏にであう─奈良に生きた写真家・永野太造と仏像写真─」展

配信

美術手帖

 「大和路の仏にであう─奈良に生きた写真家・永野太造と仏像写真─」は、写真家・永野太造(1922~1990)の作品を展示する。  奈良国立博物館敷地内の茶店兼売店・永野鹿鳴荘の3代目であった永野太造は、独学で写真を習得。奈良文化財研究所の草創期には、その調査に同行し、社寺の文化財を撮影。また、寺院や仏像の案内書の制作や、『奈良六大寺大観』『大和古寺大観』(ともに岩波書店)といった美術書籍の作成にも携わった。  永野が1950年頃から70年代にかけて撮影した6934枚のガラス乾板は、2015年に帝塚山大学へ寄贈。アーカイブ化が進んでいる。同展ではそのうち50点を高精細デジタル画像化して展示。作品を通じて、永野がとらえ続けてきた奈良の仏をたどることができる。  地下展示室では、南都七大寺の仏像写真を中心に展示。そのうち、興福寺《無著立像》、円成寺《大日如来坐像》、浄瑠璃寺《吉祥天立像》、聖林寺《十一面観音菩薩立像》、秋篠寺《伝伎芸天立像》の5点は実物と同じ大きさでプリントされている。  また、1階では東大寺「月光菩薩立像」、室生寺「十一面観音立像」、興福寺「阿修羅立像」などの近接撮影による写真が、2階では地域ごとにまとめられたガラス乾板の特色を生かした作品30点を展示。  さらに同展は、YouTube の「半蔵門ミュージアムチャンネル」で各階の展示を動画でも紹介しているので、こちらもチェックしてほしい。

【関連記事】