ここから本文です

関吉の疎水溝

  • 1

1~1/1件

関吉の疎水溝

関吉の疎水溝(せきよしのそすいこう、英:Sekiyoshi Sluice Gate of Yoshino Leat)は、鹿児島県鹿児島市下田町にある用水路。1852年(嘉永6年)に築かれ、薩摩藩第28代当主島津斉彬によって行われた集成館事業の動力源として利用された。

Feペディア(出典:Wikipedia)

テーマをフォローして
自分好みのニュースを見よう!

テーマとは?


本文はここまでです このページの先頭へ