ここから本文です

大型レッサーパンダの化石発見

2009/11/21(土) 9:47 掲載

大型レッサーパンダの化石発見=350万年前、シベリア湖畔で−京大など

 シベリアのバイカル湖南東岸の約350万年前の地層から、現在のレッサーパンダより約1.5倍大きかったと推定される絶滅種の右下あご骨と大臼歯2個の化石が見つかった。京都大霊長類研究所の荻野慎太郎博士(現産業技術総合研究所特別研究員)やロシア南部科学センターのニコライ・カルミコフ博士らが、分析した成果を21日までに日本古生物学会の英文誌に発表した。(時事通信)



[時事通信で関連記事を探す]