ここから本文です

鳥インフル 偽卵抱かせて対策

3/18(土) 14:08 掲載

<鳥インフル>「偽卵」抱かせて繁殖ストップ 水戸市対策

 多くのコブハクチョウが鳥インフルエンザウイルスに感染死した水戸市中心部の千波湖周辺で、同市が石こうでできた「偽卵(ぎらん)」をコブハクチョウに抱かせ、繁殖を制限する取り組みを始める。殺さずに個体数を徐々に減らし、インフルの拡散防止対策につなげる狙い。環境省によると、野鳥の繁殖制限は全国初の試みとみられ、注目を集めそうだ。(毎日新聞)

[続きを読む]

Yahoo!ニュースからのお知らせ