ここから本文です

水俣病確認から60年 続く訴訟

2016/5/1(日) 8:49 掲載

「まだ苦しんでいる」=水俣病公式確認から60年―全面解決、程遠く

熊本県の水俣湾周辺で広がった「公害の原点」と言われる水俣病。
 公式確認から1日で60年だが、今なお多くの人が患者認定を待ち、損害賠償を求める訴訟は続く。「水俣病不知火患者会」の大石利生会長(75)は「まだ苦しんでいる人もいるし、なかなか手を挙げることができない人もいるのではないか」と訴える。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]