ここから本文です

縄文人 暴力死亡率は1%台

2016/3/31(木) 3:09掲載

縄文期は争い少なめだった? 暴力死亡率1%台 岡山大教授ら人骨分析

 縄文人の社会は争いが少なく平穏だった―。岡山大大学院社会文化科学研究科の松本直子教授(認知考古学)、山口大国際総合科学部の中尾央助教(科学哲学)らの研究グループが、全国の縄文遺跡で出土した人骨を調べ、暴力による死亡率を分析。欧米などのデータと比べ5分の1以下の「1%台」と算出し、英国の科学雑誌に30日発表した。(山陽新聞デジタル)

[山陽新聞デジタルで関連記事を探す]