ここから本文です

PKO宿営地に着弾 公表せず

2016年3月30日(水) 6時55分掲載

PKO陸自宿営地に着弾 南スーダン、政府公表せず

 国連平和維持活動(PKO)で南スーダンに派遣された陸上自衛隊5次隊の宿営地に2013年12月、銃弾が着弾していたと、陸自福知山駐屯地(京都府福知山市)が展示していることが29日、分かった。政府はこれまで、非戦闘地域への派遣を名目とするPKOでの自衛隊宿営地への着弾を公表したことはなく、明らかになるのは初めて。安全保障関連法施行で自衛隊の海外任務が拡大するなか、情報開示への政府の姿勢が問われそうだ。(京都新聞)

[京都新聞で関連記事を探す]