ここから本文です

福井沖の海底に謎の沈没船

2016年3月29日(火) 10時51分掲載

福井県沖30キロに謎の沈没船 越前がにの好漁場、戦時中の船か

 福井県越前町の沖合約30キロ(水深約240メートル)の海底に、海上保安庁の記録にも残っていない謎の沈没船があることが、県水産試験場の超音波調査で分かった。沈没船は全長約70メートル、マスト高約16メートルに及び、形状などから近代以降のものとみられる。敦賀海上保安部は「この海域で近年、大きな船が沈んだという事故などの情報は把握していない」としている。(福井新聞ONLINE)

[福井新聞ONLINEで関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る