ここから本文です

女性活躍する国の保育園事情

2016年3月25日(金) 18時27分掲載

女性が活躍している、スウェーデンと米国の保育園事情はどうなっているの?

 「保育園落ちた~」のツイートで、政府が「一億総活躍社会」をうたっていながら、子どもの預け先が見つからず、仕事に専念できない母親が困っている実情をまざまざと突きつけられた。これほど望まれているにも関わらず、保育園が足りない背景には、保育士不足が挙げられる。保育士の給与や待遇改善が早急に計られる必要もあるが、そもそも子どもがいても女性が活躍している国は、小さな子どもの預け先をどうしているのだろうか?(THE PAGE)

[THE PAGEで関連記事を探す]