ここから本文です

伊方原発1号機を廃炉へ

2016/3/25(金) 8:01掲載

四国電、伊方1号機廃炉を決定=来年で運転40年―3号機は使用前検査申請へ

 四国電力は25日、運転開始から来年で40年になる伊方原発1号機(愛媛県伊方町)を5月に廃炉にする方針を決めた。同日午後に経済産業省に届け出る。四国電は1号機の再稼働を検討してきたが、その前提となる安全対策の工事費負担が1700億円超に上ることを考慮し、運転延長を断念した。東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間を原則40年と定めた国のルールに基づき、廃炉となる原発は6基目となる。(時事通信)

[時事通信で関連記事を探す]

関連ニュース

もっと見る